2015年09月27日

たとえ

小学校に4年生から加入できる吹奏楽バンドがありまして、
娘に来年からやってみたいか、興味のある楽器はないかきいてみました。

先日参加したマーチングバンド練習イベントで
娘は練習場をあちこちウロウロしていたのですが、
その際パーカッションに興味を持ったようでした。

「そうか〜、パーカッションのパート練習見てたのか。
5つのん叩いてた人がいたろう?あの人は相当上手いよ。
もう一人すごく上手い人がいるんだ〜。当日休んじゃったけど。
猿みたいに上手い人が。」
って言ったら、
「パパ、『猿みたい』は失礼でしょう、そんな上手い人に。」
って言われました。

ごもっともで…

尊敬して言ったつもりのたとえでしたが。
たいへん失礼いたしました!
posted by ohirunedo at 20:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: