2005年05月22日

鍼なザウ日記

昨日の続き。
カミさんのLet'sNoteを借りて、PanasonicのSDカードフォーマットソフトをダウンロード。さっそくインストールしてSDカードを刺し、実行するとわずか数秒でフォーマットが終わった。あっけない!
そしてSDカードをリナザウに戻して、再度バックアップTRY!今度はうまく行った。
よし、これで最悪でも今日の状態にはリストアできるな。心おきなくKeyHelperやスペシャルカーネル導入へと進もう。
------------------------------
数日前に、「リナザウはPalmよりもカスタマイズの敷居が高いような気がする」と書いた。それはなぜか、気がついた。
それは、むっちーさんの存在である。
http://muchy.com/
私がm100を買ってPalmを使い始めた当初のことを思い出してみると、当時は「困ったらmuchyさん」と思っていた。
わからないことがあったらmuchyさん。「こうしたい」があったらmuchyさん。そして、たいていはその答えがある。
「よくある質問と回答」も充実していて、インストールするまでの手順も具体的に、懇切丁寧に書かれている。
やっぱりすごいと思う。むっちーさん。
------------------------------
今日は秋葉原にて中古のWindowsノートパソコンを探す。
MURAMASAを売却してから数カ月の間、iBookを母艦にしてがんばってきた。確かにWebブラウズやメール、iTunes程度には問題がないのだが(むしろ快適)、Palmやリナザウとの連携や今日のSDカードフォーマットのようなことがあると、やっぱり必要だと感じる。
まあ、治療院はPHS通信なので、最低限のスペックで構わないのだけど。
------------------------------
いろいろ見て回ったが、結局決断できなかった。中古は難しいのう。
本日の収穫代わりに、駅ビルの2Fにある100円ショップ「キャンドゥ」でリナザウのケースを購入。「リリーフ・ポケットS」という品で、フタがマジックテープになっている。
今日一日、デジカメケースや電子手帳ケースで合うものがないか探したのだが、入り口がジッパー式のものが多く、モノによってはとても開閉しにくい。だがマジックテープだったら片手で開けられる。
色もハデ赤・ハデ青・ハデ黄・ハデ緑と4色揃っている。私はハデ緑すなわち「鮮やかなように見えるけどすぐに色落ちしてくすむんだろうなあ緑」にした。
汚れたり破れたりしたら、また買えばいいのだ。105円!

posted by ohirunedo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Zaurus

2005年05月21日

鍼なザウ日記

リナザウのメモアプリ、EBtで日記を書き始めて数日が経った。
今日はEBtの作者さんのブログを読んで、「クリップボード」を試用してみる。
一時的なリンク待避所のように使うも良し、全てのメモ書きの起点とするも良し、様々な使い方ができるそうだ。
試しにいじってみたけれど、まだEBtそのものを使いこなせていないので、そのメリットがよくわからない。そもそもまだKey Helperを導入していないので、Ctrlキーの割り当てが済んでいない。その前にSDカードにバックアップしなくちゃ。その前にSDカードをフォーマットせねば。その前にPanasonicのサイトからフォーマットソフトをダウンロードせにゃ。そのためにカミさんのLet's Noteを借りて・・・
------------------------------
リナザウの予測変換をオフにすることはできるらしい。ただその方法を示したページが404 Not Foundだった。まあどこかに書いてあるでしょ。いずれ探して予測変換をオフにするか、QPOBoxで回避するか。とりあえずはQPOBox導入かな。
今、とりあえず「リナザウ」を単語登録した。これくらいは出てもらわないと、この日記を更新する意欲が失せる。(リナザウの漢字変換のせいにして引き際を探る私...最近ちょっと書き過ぎです。)
------------------------------
昨日の続きで、私の「スルメ指定」曲、マイナー編。
iTunesの「トップ25」を調べればすぐにわかる。
EaglesやQuincy Jones、Earth Wind & Fireといったメジャーどころに混じってランクインしたのは・・・

  • ZERO LANDMINE / No More Landmine(坂本龍一他)
  • くまちゃん / モダンチョキチョキズ

いずれも聴きごたえのある大作。
特に濱田マリ率いるモダンチョキチョキズの「くまちゃん」は、病院を舞台にしたダンスミュージカル調のアホな曲。ところがサウンドはゴージャスなフルバンドで超一流。財津一郎の「キビシ〜!」が耳に響く。

posted by ohirunedo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Zaurus

2005年05月20日

鍼なザウ日記

根津神社付近で、つのだ☆ひろさんを見かけた。なんと羽織袴姿。
何してたんだろう?つつじ祭りのイベントかな〜?
人違いじゃないと思うけど。だって顔デカかったもん。
------------------------------
リナザウにKeyHelperやスペシャルカーネルなどを導入したいのだが、一度はバックアップしないといけない。
そこで、SDカードにバックアップしようとしたら、90%くらいまで行って「失敗しました」となってしまった。リセットしたり、抜き刺ししたりして何度か試してみたが、結局うまくいかない。
参考本の『Linuxザウルスの達人』によると、Panasonicのソフトでフォーマットするといいらしい。帰宅したらやってみよう。
------------------------------
カミさんがiTunesに入れた曲を、借りたiPod Shuffleで聴く。
J-POPはあまり私の趣味ではないのだが、ちょっと曲飛ばしできないギターサウンドに出会った。
その曲とは、なんと広末涼子の「summer sunset」。
ムムム、これはギターキッズ必聴のサウンドではないか!これを完全耳コピーするだけでかなりの勉強になるぞ!(ギターキッズというよりギターオッサン?)
この曲は友人(34歳・独身・男性)がカラオケに行く度に熱唱するので気にはなっていたのだが、なるほど、曲もいいけど音作りもステキだ。
→結局通勤の行きと帰りで、30回近くリピートした。
最初のうちはギターのバッキングを聴きまくる。こりゃあアレンジャーの藤井丈司さんはギタリストかな?なんて思いながら。
続いてベースに注目、じゃない注耳して聴いてみる。う〜んなるほどなるほど!ルートを辿るでなく、ベースだけ独立して聴いても楽しい。
そしてドラムス。私は普段、生演奏でない打ち込みドラムは「アタシャ認めないよ!」という人なのだが、なかなかどうして!要所要所で「スコズットンツコ」というオカズが現れ、ウキウキ気分の高揚に一役買っている。ウマイ!
それだけ聴き込んで結局、歌詞は全く覚えてないんだな〜これが。「ハ・ヒ・シ・てぇ・る〜」だけ。
ともかく久しぶりに私の「スルメ曲」に認定。聴けば聴くほどに味わいが増すスルメ曲。かつてスルメ指定されたのは、

  • Hotel California / Eagles
  • SWEET CHILD OF MINE / GUN'S AND ROSES
  • Everything / Misia
  • あなたに会えてよかった / 小泉今日子

・・・ってとこですかね、メジャーなところでは。

posted by ohirunedo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Zaurus

2005年05月19日

鍼なザウ日記

EBtにてちょこちょこ書いたものを、雑記状態のままアップします。
------------------------------
title:2005/05/19 12:59:02
今日は晴れ。今日はいきなり気温が上昇した。例の「みんなが調子おかしくなる特異日」だと思う。頭が痛くなったり、気分が落ち着かなかったり、逆に何をする気も起きなかったり。
みなさんは大丈夫でしたか?
ワタシ?さっきまでちょっと頭が痛いな〜、なんて思ってたんだけど、メシ食ったら治りました:-)
そういうことはよくある。
あとはバイクの運転に気をつけよう。事故をもらわないように。
------------------------------
title:2005/05/19 13:03:23
リナザウSL-C700の電源ボタンはなんでこんなところにあるのだろう?ビュースタイルですぐに電源が入れやすい位置にあるということか?
私だったら、SL-C1000の位置(前面)の方が好きかなあ〜。あんまりビュースタイルにしないし。
ところでこの予測変換は、いつまで学習した候補を覚えているのだろうか?何度も「りなざう」をカタカナ変換しているが、一向に学習しないで「利奈ザう」と出るのはなぜだ?辞書登録しないといけないのか?それにしてもなんで「ザ」だけカタカナ?
------------------------------
title:2005/05/19 17:32:30
治療を職業とする自分のための覚え書き。
「境い目」の問題。

  • 相手と自分との境い目
  • 自分の提供するサービスの境い目

ここをしっかり押さえ、逸脱せぬように気をつける。
自分は相手にはなれない。相手の問題を聞くことはできても、「こうしたら」と提案することの浅はかさよ。
行き過ぎはいつも「おせっかい」「大きなお世話」。
せんでもいいことをしようとするから疲れるのだ。
プロ(←職業にしているという程度の意味)の治療家とは、その境い目を知っているということ。
刺激を強くし過ぎない。効くからといって濫用しない。その機微を知っているかどうか。
まだまだ私はヒヨッコだけど。

posted by ohirunedo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Zaurus

2005年05月18日

鍼なザウ日記

さすがに昨日は書き過ぎた。
そんなに書くつもりはなかったのに、リナザウを開いて気持ちいいキーボードに触れ始めると、気がつくとあっと言う間にある程度の文が噴き出しているのだから不思議だ。
今書いてるこの文だってそうだ。元々は「昨日は書き過ぎたから今日は少し控えめにしよう」とだけメモするつもりだったのに、気が付くとこんな分量になっている。
不思議だ、不思議だ。
まあ、本当に今日は抑え目で。
書く量が少なくなったからと言って元気がなくなったというのではなく、日常生活が充実していて時間を割かなかったということでもある。おかげさまで、本日も予約多め。
-----
ここでまたおもしろいのは、ヒマでヒマで書く時間がたっぷりある日よりも、ちょっと忙しくてところどころにしか「スキ間時間」が取れない日の方が、むしろ書く量は増えるということ。
そしてその「スキ間時間」の利用を可能にするのが、リナザウちゃんなのだ。
-----
命名(案)。
「ハリナザウちゃん」、通称「ハリナちゃん」でどうか。

posted by ohirunedo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Zaurus